スポンサードリンク

2016年01月27日

確定申告 いつから 年分

確定申告書には大きく分けて2つの様式があります。それぞれ申告書Aと申告書Bです。申告書Aは給与所得、雑所得、配当所得、一時所得のみの方が使う申告書です。サラリーマンが住宅ローン控除をする際や、公的年金を受け取っている方が医療費控除をする際などに使われます。個人事業主やフリーランサーの所得は事業所得にあたるため、申告書Bを使います。白色申告はとても簡単な手続きで申告することが可能です。

基本的には金銭の出入りがわかる程度の出納事務ができていれば申告できます。簡単な手続きで済むのですが、赤字を翌年に繰り越せない、家族に支払う給与を経費にできない、65万円の控除を受けられないなどのデメリットがあります。私の個人的な見解ですが、個人事業主を始めるにあたっては税務署へ青色申告証人申請書を提出して青色申告をすることをオススメします。必要に応じて第三表から第五表までも記入して提出しましょう。それぞれの用途は以下の通りです。第三表は株主の売買益についての分離課税される所得がある場合に使います。

第四表は青色申告者で事業が赤字の場合に翌年以降に繰り越すために使います。ここでいう赤字というのは以下のいずれかのケースです。単純に所得金額が赤字になっている。災害や盗難によって資産に損害を被り、雑損控除として所得金額から差し引くと赤字になっている。前年からの繰越損失額を控除すると赤字になっている。


posted by 確定申告マン at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 いつから 年分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

確定申告 特集 方法

確定申告の提出期間中は税務署がものすごく混み合います。特に3月に入ってからは確定申告の提出やら相談やらで人がごった返しています。スムーズに手続きを済ませるのであれば、早めに準備をして2月中には提出を済ませてしまうのが賢明です。仕事が忙しくて税務署まで提出に行けない方や、書類の作成に慣れていて不備がないと思う方は郵送で提出も可能です。私は税務署の営業時間外に税務署の前に置いてある提出用ポストに投函してきました。確定申告は個人事業主になると避けては通れない手続です。

「書類仕事でメンドクサイ」というイメージばかりが先行してしまいがちです。確かにメンドクサイんですが、会社員が給料から天引きされている所得税の部分の処理を自分で行うだけの話です。納税は私たち国民の義務なのでキチンと行うべきですが、色々な制度を活用することで節税につなげることも十分可能です。確定申告の仕組みや手続の流れなどを把握して、清く正しく美しく節税&納税していきましょう! 確定申告はいつでも受け付けているという訳ではありません。毎年1月1日から12月31日までの所得を計算して書類を作成します。提出する期間は翌年の2月16日から3月15日までの間になります。

平成26年のように3月15日が土日にあたる場合は、週明けの月曜日が最終提出日になります。(平成26年の確定申告提出期限日は、3月17日(月)でした。)
posted by 確定申告マン at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 特集 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。